ネイティブアメリカンの民話

北米ネイティブアメリカンのオジブワ族の伝説
 ある朝父なる太陽が空を昇ろうとして木の枝にひっかかった。次の日父なる太陽が顔を出さないので、動物たちは森を探し回った。一匹のリスが木の上から木の上へと走ってまわって父なる太陽を見つけた。

リスは父なる太陽に走り寄ったが熱で尻尾が焼け落ち、毛皮は真っ黒に焦げ、目はほとんど見えなくなった。それでもリスはもう一度父なる太陽を助けようとした。リスは一生懸命押したので父なる太陽は、ひっかかっていたのが外れた。父なる太陽は自分を助けようとして小さなリスが焼けてしまったのを気の毒に思った。

「おまえが一番望むことは何だ」と父なる太陽は、リスに尋ねた。リスの答えは「いつも空を飛べたらいいなと思っていました。」

父なる太陽はリスの願いを叶えてやりました。小さなリスは最初のコウモリとなりました。

Backyard Animals Bats Annalise Bekkering Weigl Publishers Inc. p21

北アメリカのインディアンチェロキー族
球技で獣が鳥に挑戦するときに、ネズミくらいの大きさの獣二匹が小さすぎると言うことで獣チームから追い出されたので、太鼓の皮から制作した翼をもらって、一匹はコウモリに、一匹はムササビになって鳥チームで闘い、チームに勝利をもたらしたという方が筆者のお気に入りである。ラクロスのような競技らしいが、空を大部分の鳥よりも器用に方向転換して俊敏に飛べ、鳥と違って前足もある程度使えるコウモリとムササビは最強の競技者である。

世界のコウモリ民話・神話・迷信・絵画など トップページに戻る