世界のコウモリ民話・神話・迷信・絵画など

人は視覚に頼っているので、暗いところは苦手だ。足元がおぼつかないし、人目が届かずに犯罪が多くなる。そんな夜に活動し、われわれには姿さえよく見えないコウモリなどの夜行性の生き物に恐れを抱くのはもっともだ。

西洋文化

ギリシア神話

ネイティブアメリカンの民話

チスイコウモリ伝説

イソップ童話

マヤ文明
 暗闇に支配された洞窟に住み地下の冥界を象徴するコウモリは、マヤ地域全体で崇拝されている。特にコパンではコウモリの横顔が紋章文字の主字(王の政治的領域を表す文字の一番大きな部分)となっている。
秘密の王朝マヤ文明展カタログより



ゴヤの版画「理性の眠りは怪物を生み出す」には、眠る男性の背後に猫が座りフクロウとコウモリが飛ぶ。フクロウは愚かさのシンボル、コウモリは無知を象徴するという解釈があるようだ。
 西洋ではコウモリは恐れ嫌悪迷信の現れで、お化け屋敷の絵には塔や窓からコウモリが出てくる。コウモリは魔女の使い魔でもある。14世紀のフランスでは家の周囲にコウモリが多いという理由で火あぶりになった女性がいたという。Wool of bat(コウモリの毛?)はシェークスピアのマクベスで魔女が煮ている材料である。コウモリが家の中にいると悪いことが起こるとか誰かが死ぬという説はアメリカやヨーロッパのあちこちにあるようだ。
 ハロウィーンには、死者や冥界の精霊が地上に戻ってくると信じられている。コウモリがよく登場するのも、その仲間だと考えられているのだろうか、デザイン的にはJack-o'-Lanternの方が映えるようで、負けているが。
 チスイコウモリの生息しないヨーロッパだが、吸血鬼は17世紀から18世紀にかけて東ヨーロッパのスラブ民族の民間伝承に含まれていたようだ。1897年のブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』で主人公のドラキュラ伯爵が巨大なコウモリに変身するので、コウモリと吸血鬼を結びつけるイメージは定着してしまった。

 またコウモリは哺乳類なのに翼があって空を飛ぶことから、鳥との違いや共通点を説明する物語や、どっちつかずの曖昧な動物とか都合のいい方の仲間になる狡猾な動物のように扱われていることがある。
 イソップ童話には、この鳥とも獣とも言いがたい曖昧さをテーマにした話が2つある。一つは地面に落ちて、イタチに捕まって、鳥と戦争をしているので逃がす訳にはいかないといわれて、自分は鳥ではなくてネズミだといって放免してもらった。別の、ネズミが仇敵だというイタチに捕まったときには、自分はネズミではなくて蝙蝠(鳥?)だといって放してもらう。これは状況に合わせて豹変する人は絶体絶命の危機を逃れるという教訓で悪い話ではないが、もう一つはお馴染みの鳥と獣の戦争で、いつも、優勢な陣営について戦っていたのが、戦いが終わったときに、それが両軍に知れ渡って、卑怯だと言うことで蝙蝠は両方から糾弾されて追放され、それからは暗い隠れ家に身を隠し、夜、独りきりで飛ぶようになった話だ。「卑怯なコウモリ」というタイトルがついていることもあるせいか、有利な方にころころ寝返る信用できない奴というのが、コウモリのイメージになってしまったのが残念だ。
 
 多くの文化において、洞窟は冥界への入り口と考えられており、コウモリは昼と夜が混ざり合う黄昏時に洞窟から姿を現すことが多いので、 冥界や死者と結び付けられることも多い。

「オオコウモリの世界へようこそ」へ戻る

「オオコウモリ写真館」へ戻る